カテゴリー別アーカイブ: 魔法使いと黒猫のウィズ攻略情報

【魔法使いと黒猫のウィズ】潜在能力について

黒ウィズ2014年の大アップデート第1弾とでもいうのか、「潜在能力」なる新要素が誕生した。


黒ウィズの潜在能力って何!?

今までは「強化」「進化」の2つしかなかったところに「潜在能力解放」なるものが登場。
…ん?「せんざいのうりょく」…?
【潜在:名詞。表面には表れない、内側に潜んだ存在。ポテンシャル】
要するに、あるにはあったけど隠れていた能力を解放出来るってことだね?そのまんまだね?
(関連記事:潜在能力一覧データ

黒ウィズ初登場の「潜」マーク付きカード、「ハイ・エーテルグラス」。潜在能力解放専用のカード。
これを1枚使えば、1個能力解放できる。2個同時に使えば2個一気に解放。
(関連記事:【魔法使いと黒猫のウィズ】2つ目の潜マーク付きカードが出た!


ハイ・エーテルグラスを使わずに解放できるの?

ちなみに解放にはこの「ハイ・エーテルグラス」を使う以外の方法もある。
潜在能力解放の方法

●方法1:「ハイ・エーテルグラス」を使う。
そのまんま。強化合成のところで、能力解放したい精霊選んで、
強化素材に「ハイ・エーテルグラス」を入れれば完了。
●方法2:「同一カード」を使う。
解放したい精霊と全く同じカード(Aに対してA+とか、B+に対してBとかではダメ)を「強化合成」で行なう。
「進化合成」ではないので要注意。

AやA+ならともかくSの同じカード2枚というのはなかなか難しいだろうから、
ハイエーテルはS精霊か、イベント報酬で再入手不可のカードに使い、
AやA+は同一カードで頑張るというやり方が今のところはオススメだ。


どこからやるのか?

やるのは「強化合成」から。
これがその画面。
ハイ・エーテルグラスでの画面はそこら辺に転がっているだろうから、
あえて「同一カード」のやり方での画面にしてみた。
能力解放率(右上黄色線)はハイ・エーテルグラスでも同一カードでも100%だった。
むしろ100%を切っているのは見たことがない。
ちなみにハイ・エーテルグラスを2個同時に使った時は200%になっていた。
なお、あくまで「強化合成」なので経験値を取得できる(右上赤線)。
能力解放と同時にレベルアップも出来るという便利さ。
黒ウィズはそういうところきちんと考えられてるから好きだ。

これが解放成功画面。ちゃんとHPやATKも上昇している。

どの能力が解放されたかの表示が出るが、ちゃんと能力一覧リストの上から順に解放されていく。

画像下部の赤枠+赤やじるしのところに「潜在能力」の解放済マークがついた。
攻撃力UPの能力だったので、アイコンもそんな感じ。分かりやすい。


いいにゃー。いいにゃぁ。いい、にゃぁ…。
――どうしたんですか、ウィズさん。
私のカード、潜在能力ついてなかったのにゃ…。四賢聖の肩書とはいったい何にゃのかって話にゃ…。
――oh…。


次のページ⇒進化合成と進化素材について

【魔法使いと黒猫のウィズ】進化合成と進化素材について

黒ウィズ攻略の第2の要が「進化」だ。進化をさせるには「進化素材」を集める必要があるが、
この素材の集め方にも色々とコツがあるので、是非押さえていきたい。
進化素材入手場所・曜日クエスト一覧はこちらへ


黒ウィズ攻略の要その2:「進化」

その1は前に説明した「デッキ編成と助っ人機能の活用」なわけだが、進化はこのデッキ編成にも大きく関わってくる。

まずは「進化」とは何かというところから話していこう。
一部のS精霊を除いて、全ての精霊は「進化」させることが出来る。一部のモンスターや素材カードも進化は可能だ。
精霊を進化させると何が起きるのか、見てもらった方が早いのでこの2枚の画像を見ていただこうと思う。
そう。カッコ良くなる。
いや、1番大事なのはそこではないのだが「見た目がカッコ良くなる」というのも進化の大事なポイントだと思う。黒ウィズの中には進化前の方が可愛かったと思うような精霊もいるにはいるが、大体は進化させた方がデザインや色合いなどが豪華になる。
では、1番大事なところは何かと言えば「強くなる」という部分だ。
HPが増える、攻撃力が上がる、スキルが強くなるなど良いこと尽くめだ。
進化の最終地点は「S」ランクだが、注意が必要なのは、全ての精霊がSまで進化出来るとは限らないというところだ。
進化可能枠に要注意

<種族>の下に<進化>という項目があり、何やら水晶玉のようなものがあるのが分かるだろうか?
そして、その横に空洞になっている部分がある。
この空洞の数だけ進化できるということを示している。
上記の画像(雑魚モンスター)の場合は、あと1回だけ進化できるということだ。こちらの場合は初期段階がBで、そこからさらにあと3回進化させられるということ。
↓三回進化後

Bの時に3つ空いていた穴が全部埋まっているのが分かると思う。
HPなどの数値が上がっているのと、スキルの内容がすこし変わっているのもお分かりいただけるだろうか?
なお、進化の流れは精霊によって異なる。
例)
B→B+→A→S
B→B+→A→A+
B→A→A→A+
このように進化枠というのは謎に包まれており、最初にカードを手に入れて見た瞬間に「こいつはどこまで進化するか」
というのがユーザーには分からないのだ。
なので、気になるカードを手に入れたら当サイトなどでどこまで進化するかを先に確認しよう。


進化条件について

黒ウィズに限らず当然の話だが進化はすぐに出来るわけではない。
・必要な素材が揃っている
・レベルがMAXまで強化してある。
・ゴールドが足りている。
3つの全ての条件が整って初めて進化が出来る。
この3つの内、特に辛いのが上2つでなかなか満たせない。
素材について後述するので、まずは「強化」について話していこう。
強化はできるだけまとめて一気にやろう

全ての精霊には「レベル」というものがあり、精霊ごとに最大レベルは異なる。
進化とは異なりカードのデザインが変わったりスキルが変わったりはしないが、HPや攻撃力は格段に上がる。
だが、注意が必要なのは複数回に分けての小まめな強化というのは効率が悪いということだ。まだ1回も強化させていない精霊に魔道書Sを使おうとしたところ、
必要ゴールドは:5,664G、取得EXP:10,538となっている。
では次に、こちらを見てみよう。

こちらはあと1レベルUPでMAXになる精霊に使おうとしたところだ。
必要ゴールドは25,960、取得EXPは同じ。
黒ウィズでは精霊の現在のレベルが低い方が、強化に必要なゴールドが安く済む仕様となっている。
なので、出来るだけ1回~3回くらいでレベルMAXになるよう、一遍にまとめて強化すると良い。

特に序盤~中盤はあまりゴールドにも余裕がない。強化にお金をかけ過ぎて進化が出来ないという展開もよくあるので注意だ。


素材について

次に進化素材について見ていこう。

進化素材というのは画像の通り「進」マークがついている。他の雑魚敵のように道中で出てくる時には「進」マークはついていないが、あとで<進化>や<強化>などのページで見るとちゃんと出てくる。
素材には
・キノコ
・フラウ(花の妖精的な何か)
・ロシェ(何か丸い何か)
・タヌキ
・樹(樹木の妖精的な何か)
の5種類があり、C、C+、B、B+、A、A+、Sとそれぞれ存在している(素材によっては、Aまでのものもある)。
「よーし、素材揃ったー!あれ?出来ない?何で?あ、これA+じゃなくて、Aだ!」
という展開は黒ウィズあるあるの1つだ。

そしてこの素材の種類の多さは別な問題も引き起こす。
例えば同じ水属性のA精霊を2枚同時に育成している時、どっちかを進化させるともう片方の素材が足りなくなるということが起きる。
そのためにCや、C+の素材もきちんと取っておきたいところだが、そうすると今度はカードBOXが埋まってしまう。
「あ、タヌキのA出た!今は必要ないけど取っておこう…あ、BOXがいっぱい…。まだ必要素材はあまり集まってないから進化も出来ないし、でもAを捨てるのは…」
という葛藤に苦しむ黒ウィズあるある(その③か④くらい)の展開だ。
カードBOXに関する小技はこのページを参考にしてもらうとして、とにかく、素材の種類が多すぎて困り果ててしまうわけだ。
素材集めは曜日イベントを利用しよう

素材は通常クエストの道中にも出てくるが、ドロップ率はあまり良くない。
狙ったカードを確実に手に入れるのはなかなか困難だと言える。
なので、素材だけしか出てこない曜日イベントを活用することがカギだ。
・月曜:ロシェ
・火曜:フラウ
・水曜:キノコ
・木曜:樹
・金曜:タヌキ
各曜日、初級はC~C+、中級はC+~B+、上級はA~A+、封魔級はA~Sとなっている。
(初級がないのはそもそもCがない素材、上級までしかないのはAまでしかない素材ということ)

効率的に素材を集めて効率的に強化して効率的に進化させていこう!


「ど、どうしたのにゃ?急に真面目になって気味悪いにゃよ?」
――前回、とても趣味に走り過ぎて反省したので、今回こそは真面目に完璧な解説を1人でやろうと思いまして。
「でも完璧というにはちょっと足りないにゃね。この流れだととにかく進化させちゃえばOKという流れに見えるにゃ。
でも、精霊によってはAやA+に留めておいた方が使える精霊もいるにゃよ。
例えばSに進化させるとコストが倍増して、このコストでこの能力なら他のヤツを連れていきたいとか、
A+のままでも十分役立つなら他の精霊の育成を優先して、数か月くらいはキープしたいとか、進化させない戦法もあるのにゃ。
他にごくまれにSになるとスキル能力が全く変わってしまうというパターンもあるにゃよ。
能力・コスト・スキルを、今の手持ちの精霊全体と比較して進化させるかどうか決めるべきにゃ。
そういうところに注意を促さないあたり完璧とは言えないにゃね」
――うう…。


次のページ⇒オススメデッキ編成と助っ人精霊

【魔法使いと黒猫のウィズ】オススメデッキ編成と助っ人精霊

黒ウィズにおける要の部分「精霊のオススメ編成」を説明しようと思うのだけど、何せ管理人は新米魔法使いでちゃんと説明できる気がしない。こういう時こそ師匠の出番だと思うのだけど、あの時分勝手なお師匠様は今どこにいるのか分からないという状態。


デッキ編成は黒ウィズ攻略の要!

「誰が自分勝手にゃ!せめて自由奔放って言えにゃ!まったく。魔法使いとあろう者が良い精霊とそうでない精霊の見極め方も分からにゃいなんて、最近の若いモンはこれだからダメなのにゃ」
(なんか、やっぱり原作よりババ臭いな…)
「何か言ったにゃ?まあいいにゃ。
先に結論を言っちゃうと「これが鉄板!」っていう編成は、黒ウィズの中には存在しにゃい。精霊編成は能力もさることながら、見た目の好みも大きな要素になっているらしいからにゃ。どっかの大きいお友達にとっては安心してクエストに出れる獣人精霊より、見た目が可愛くて、お兄ちゃんって呼んでくれそうなルックスの精霊の方が大事らしいからにゃ」
――私は違いますよ。
「にゃ?じゃあ鬼畜眼鏡とかそっち路線にゃ?それとも肌色多くて布地少なめな水着のバカンスお姉ちゃん系かにゃ?」
――どれでもありません。私の好みは良いですから、先に進んでください。
「つまんないヤツだにゃ。
まあ、そんなワケで、この組み合わせなら万事OKというものはないのにゃ。
そもそもデッキ編成というのはいつも同じ編成じゃダメなことは分かってるにゃろ?」
――ああ、それなら。
デッキ編成はクエストごとに変更するもの!

ステージごとでも構わないのだが、ステージによってはクエストごとに微妙に敵の属性が異なっていることがある。
特に難易度が上がれば上がるほどに「道中の雑魚は雷なのに、ボスは水属性」なんて嫌がらせのような展開が起きる。
事前に敵情報を確認してデッキ編成を変更してから出発しよう。

「何回やっても勝てないボスに、デッキ編成変えたらアッサリ勝てたなんてことも、黒ウィズあるあるの1つだからにゃ。
精霊の組み合わせと敵情報を扱いこなすことが黒ウィズ攻略の要と心得よにゃ!」


汎用性の高い精霊は?

――でもウィズさん。敵ありきの組み合わせとは言いつつ、やっぱり使い勝手がいい精霊というのもいるにはいますよね?きっと皆さんその辺が知りたいのではないかなと思うのですが…。
あれ?
ウィズさん?
あれ、メモが落ちている。
『疲れたから帰るにゃ』
えええー…。

●水属性のオススメ精霊
<進化前から重宝する精霊>
・少年剣士 ルシオ(A)

MAXHP:1412/攻撃力:1382
ルシオはA以下がないので手に入れた時点でAスタート。
進化させなくても中盤くらいまではこのままでも活躍できるくらい。
そしてさらに3段階進化させるとSまで行く。

・聖剣の勇者 ルシオ・アーク(S)

MAXHP:2001/攻撃力:1985
AS:攻撃力大幅UP/SS:敵全体に大ダメージ
汎用性の高さだけを追求されて作られたカードのようだ。
この一個手前のA+の状態でも、終盤まで活躍してくれる重宝精霊。
ガチャなどで手に入れたら優先的に育てたい精霊の1人。

<進化後重宝する精霊>
・陸軍軍曹 ローレン(A)

MAXHP:992/攻撃力:1037
SSが相手のHPを20%減というのは魅力だが、戦力としてはいまいち。
序盤で手に入れられたらしばらくは重宝するかもしれない。
↓果てしない道のり
・国家軍曹長 ローレン・ターナー

MAXHP:1940/攻撃力:1955
ようやく「軍曹殿ー!ついていきますー!」と言える状態になる。
まあ、正直に言えば他にも良い精霊はいるのだが、HP20%減のSSは貴重。
管理人が軍人女性とかやたら強い女性キャラに弱いから贔屓で入れたわけではない。

●雷属性
<進化前から重宝する精霊>
・エルフの戦士 サイラス

MAXHP:1021/攻撃力:1277
数値としてはそこまででもないが、「単色雷属性化」のスキルは重宝する。
↓やはり長い道のり
・瞬く光の英雄 サイラス・レイン

MAXHP:1854/攻撃力:2060
ASは特攻、SSはパネルチェンジと、
長丁場になりそうなクエストを始め、トーナメントなどでもどこでも大活躍してくれそうです。

<進化後に重宝する精霊>
・魔導二輪 ヴァレンティナ

MAXHP:1097/攻撃力:1388
サイラスと同じ「パネルチェンジ」を持っているが、
ヴァレンティナの場合はただのシャッフル。
A~A+の間は中盤くらいまでしか戦力にはならないかも。
↓案の定長い道のり
・光速魔道ライダー ヴァレンティナ

MAXHP:1603/攻撃力:2251
HPの低さが気になりつつ攻撃力の高さでカバー。
水属性に対する特攻が2.5倍なのと、パネルシャッフルが3ターンで発動するのがいい。
管理人が大型バイクを乗りこなしちゃうような度胸満々な女の子が好きなだからではない。

●火属性
<一択>
・皇后 パイロン

MAXHP:1533/攻撃力:1580
他の精霊のA+くらいの数値が最初から出るという恐ろしい皇后。
さらにチェイン数によって上がる攻撃値も3問連続で発動する。
進化無しでもしばらくは重宝する。
↓ちょっと遠い道のり
・鳳雛神皇 ヤオ・パイロン

MAXHP:2244/攻撃力:2255
最早その圧倒的強さに関しては数値を見れば分かるだろう。
パイロンさえいれば、あとはまあ適当なパネル変化要因と全体回復要因さえいれば良い。
そしてこれは最早素直に打ち明ける。
ルックスとキャラが抜群に好みだ。最高にツボだ。
「たわけ者!おぬしが妾に仕えるのじゃ!」って。「じゃ!」って。
そして水属性の時からずっと、好みのキャラだけ少し画像サイズを大きくしている。
正直すまんかった。


「ウチの馬鹿弟子が自分の趣味に走ったからフォローしにきたにゃ」
「精霊は攻撃力だけで判断しちゃダメにゃ!」

「上で紹介しているのは攻撃重視か、パネル変化SSばかりにゃ。
精霊には<蘇生スキル><回復スキル>を持っている者もいるのにゃ。
特に<回復>は自分と同じ属性だけと、全体回復の2パターンあるから、
デッキ編成の時には要注意にゃね。
トーナメントやイベントなどで敵の属性が偏っている時には、
全体を10%回復してくれるヤツより、同属性のみを20%回復出来るヤツの方が有効的にゃよ。
基本的には全体回復の方が重宝するとは思うけどにゃ」

あともう1個。
「コスト問題も忘れるにゃよ!」

「どれだけ優秀な精霊と契約できても、デッキにはコスト制限があるにゃ。
強力な精霊はそれだけコストが高いものにゃ。でも中には<結構使えるのにコストは低め>という素晴らしいヤツもいるにゃ。
育てたい精霊を進化させたらコスト制限でデッキに組み込めない!どうしよう!コイツ意外はほとんど雑魚なのに!
というピンチに陥ることも黒ウィズあるあるにゃ。
そういう時のために優秀な中堅どころでコスト安めなのを何人か残しておくのが得策にゃよ。」

――お師匠様。申し訳ありませんでした。

【魔法使いと黒猫のウィズ】リセマラ攻略法

魔法使いと黒猫のウィズなどカードゲーム系アプリ界隈では、すっかり定番の裏技となっているリセマラ。
リセットマラソンの略で、ゲームスタート時に無料で引けるガチャで、強い精霊を引けるまでリセットし続けるというもの。
黒ウィズライトユーザーからすると「そこまでする必要あるか?」と思われるかもしれないが、個人的にはクリスタル50個分の節約になると思う。


魔法使いと黒猫のウィズのリセマラ攻略法

黒ウィズはリセマラ裏技がやりやすい(チュートリアルが比較的短い)ゲームなので楽ではある。
リセマラのやり方

1:チュートリアルを進めよう。
2:初回無料クリスタルガチャを引こう。
3:望んでいた精霊が出なかったら、アンインストールして、再度インストールし直す。
4:折れない心・負けない気持ち・適度なところで妥協する余裕の3点を持って1~3を繰り返す。
1回2-3まで行き、再インストールしてやり直すだけで30分以上かかる。時間とやる気に余裕がある時にやろう。

良い精霊とはどんなの?

管理人個人のオススメ精霊は、デッキ編成と助っ人精霊のページで紹介しているが、
一般的な判断基準を紹介しておく。
ちなみに、以下のポイントの全てをクリアしている必要はない。
どれか1つでもクリアしてれば十分、2つ以上あれば最高くらいの気持ちで臨もう。
良い精霊の判断基準

●1:最終進化でSまで行く
ゲットした段階ではAが良いところ。
なので、引いた段階ではAでも成長させればSまで進化する精霊ならOKとするのもアリだ。
ただし現在の黒ウィズの中ではAスタートでSまで進化するカードが、レア度最高のカードとなっている。
なかなか出ないのは覚悟しておこう。
最終進化がA+でも、他のポイントをクリアしている精霊もいることをお忘れなく。


●2:最終進化時のHPと攻撃力の合計が4000に近いか超えている
中盤まで使える精霊の基準は3500(スキル次第では終盤でも使えるかも程度)。
出来れば終盤まで使える精霊として3700以上は欲しい。


●3:ASとSSのバランスが良い
出来ればASとSSのスキル種類が異なっていると良い。
例)
ソフィ(水)→AS:攻撃力アップ SS:パネルシャッフル
パニーラ(雷)→AS:ダメージアップ SS:全体回復
上記のような攻撃&補佐の2種類を持ち合わせていると◎。
将来的には、パネル(出てきたクイズのこと)を変換・シャッフルしてくれる精霊1、
属性関係なく回復してくれる精霊1、アタッカー3人という編成が最高だ。
アタッカーとはASもSSもどちらも攻撃系スキルを持つ精霊のこと。
基本的にはアタッカータイプ精霊の方が多いので、リセマラでこだわりたいのは「2種類持ち」精霊だ。


●4:A、A+の時はコストが低い
どの精霊もSまで行くとかなりコストがかかる。
せっかく良いカードを引いてもゲーム初期ではデッキコストが低いので、パーティーに組み込めないのでは意味がない。
AやA+の時にはコスト低めであることは大切。


面倒くさいリセマラを無視する裏技

黒ウィズのガチャでは、Aランクのレアカードもなかなか手に入らないので、Sランクのレアカードともなるとかなりのヒキが必要だ。
でもそれが面倒くさいという人は、魔法使いと黒猫のウィズ攻略TOPで紹介しているクリスタルを増やす裏技を試したほうが、時間的にも効率的だといえる。
リセマラが成功した人も一度試してはいかが?
魔法使いと黒猫のウィズ攻略TOPへ

魔法使いと黒猫のウィズのガチャを攻略する

黒ウィズを攻略する上で避けられるなら避けたいけど避けられない「ガチャ」について紹介します。
ホント、避けられるなら避けたい怖い。


黒ウィズのガチャは2種類

黒ウィズの中にはガチャが2種類あり、ざっくり分けると、

だいたい雑魚モンスターばかりだけど割と進化素材も出るという「メイトガチャ」と、

だいたいショボ精霊だけどたまに当たり精霊も出る「クリスタルガチャ」の2種類。
どっちのガチャも回すのに必死にならないように。

・メイトガチャ:無料で出来る。課金要素なし。毒にも薬にもならない。たまに「飴ちゃんもろた」程度のラッキーはある。
・クリスタルガチャ:無課金で出来ないこともないけど課金ホイホイ。薬になることもあるけど毒にもなるぞ!

前者は必死になる必要性がなく、後者は必死になると破滅に繋がる可能性が大いにあるので、どちらも適宜ほどほどにしよう。


強い精霊が手に入らない時はどうすべき?

しかしガチャを回さないと強い精霊はほとんど手に入らない。頑張って貯めたクリスタルで回しても良い精霊はたまにしか出てこない。
せめて弱い精霊でも進化させればそれなりに終盤まで行けるのであれば納得も行くが、最終段階まで進化させても中盤くらいまでしか役に立たない精霊も多い。
「ガチャでの引きの強さ」が明暗を左右するのは、黒ウィズに限らずカードゲームの流れを汲んでいるアプリでは仕方がないことだが、悔しいことは悔しいに変わらない。
だからといって運任せのものを努力でどうこうする方法もない。
もし「中堅レベル」精霊でも潜在能力解放でどうにかなるならそれでもいいだろう。
でも、どうせならやはりS精霊を強化して潜在能力解放して圧倒的強さを手に入れたいと思うのもまた人情だ。
強い精霊が手に入らない時の対策

●イベントクエストを狙おう
イベントクエストの中には初回報酬や●回クリア報酬など、一定の条件でもらえる報酬の中に、進化させれば終盤まで使える精霊が入っている。
これを強化&進化させればなかなか良い編成が組めるだろう。
また、トーナメントイベントでの報酬で強精霊を貰える場合は率先して狙っていこう
ただしランキング報酬での入手はガチ勢に勝てるわけがないので、個人累計ポイント報酬の方に狙いを定めていこう
イベントは出てくる敵の属性が偏っていることが多いので、今までは中堅どころだった精霊も立派なエースになる可能性もある。
●スペシャルガチャを狙おう
イベントと連動してS&A出現率UPガチャなどのイベントを組んでいる時以外は、ガチャを回さないという方法も有効だ。
●属性ガチャに絞ろう
自分の手持ち精霊の中で雷だけマトモな精霊がいないなど、必要な属性が決まっている場合は、
属性ガチャに狙いを絞るというのも良い。
●地道に頑張ろう
アドバイスでも何でもなくて申し訳ないがそれしか言いようがない。
ログインと図鑑コンプリートとクエストクリアを、小まめに行ってコツコツ貯めていく。これに限るし尽きる。

 


――ところで今回は師匠からのフォローはないのですか?
「にゃ。一応、私もSカードとかになっている身だからにゃ。ちょっと口を挟みにくいのにゃ…」
――失礼しました。

 

672a56d7a5c8b559b5e9f87f93a0c729
にゃにゃにゃんと!!ぜ~んぶ無料でGETしよう!