カテゴリー別アーカイブ: 黒ウィズ基本情報

【魔法使いと黒猫のウィズ】基本の遊び方

黒猫のウィズ(以下、黒ウィズ)の基本の遊び方を紹介しています。
このマークがあるところは、絶対に押さえておいて欲しい注目ポイントです!


黒ウィズの遊び方

あなたは「魔法使い」となり、精霊たちを召喚することが出来ます。
そして精霊たちの力を借りてモンスターと戦っていくことになります。
赤枠:モンスター
黄色枠:自分の精霊(デッキ編成で精霊の組み合わせを変えることが出来ます
桃枠:クイズ


まずは属性の関係を把握しよう!

桃枠の中に出てくるクイズには、「問題属性」と「問題ジャンル」が表示されます。
「問題属性」は、
黄色:雷属性
青:水属性
赤:火属性
の3種類があります。
黄色の問題属性のクイズに正解すると、同じ雷属性の精霊を攻撃させることが出来ます。

よって、精霊にも、「赤青黄」の3つの属性があります。
また、この属性はジャンケンのような関係にあります。

水は火に強い=に強い。
火は雷に強い=に強い。
雷は水に強い=に強い。

まさに、グー・チョキ・パーのような関係ですね!
属性に合った攻撃の時は、攻撃値が1.5倍になり、
逆に弱い属性で攻撃した時は0.5倍と半分になってしまいますので、
注意しましょう!


モンスターが出てくる回数は合計3~6回

1回のクエストで、バトルが複数発生します。難易度によって3回から6回まで。
そして最後の1戦はボス戦となります。
終盤になってくると、そこそこ強いモンスターと散々戦った後に、ボスと戦わなきゃいけないという鬼畜ぶり。
「助っ人」選びはボス戦に合わせよう!
自分の精霊の内1人が力尽きた場合は、1人だけ助っ人が来てくれます。
今まではフォロワーの中からのランダムだったのですが、2014年2月からはクエスト出発前に選べるようになりました。
いや、本当にこれは嬉しい新機能。
ボスが水属性だから水×2、雷×3の編成で行ったら、その前に出てくる雑魚モンスターたちが火属性ばかりで、
雷精霊たちが瀕死。そしてよりによって雷属性の回復キャラが真っ先に沈没。
「助っ人!助っ人さん!頼む、雷属性来てくれ!せめて水属性のっぉぃヤツ!」
そんな願いも虚しく、よりにもよって火属性が来るなんてこともしょっちゅうでした。
でもこれからは、助っ人さんを選べるので、全く関係ない属性の助っ人が来ることはなくなりました。
なので、クエストに出る前は、少なくともボスの属性だけでも確認しておきましょう。


アンサースキルとスペシャルスキルを活用しよう

各精霊にはアンサースキルとスペシャルスキルの2つのスキルがあります。

●アンサースキル(通称AS)とは
クイズを5秒以内に解答して正解すると発動するスキル。

「EXCELLENT」と表示されればASが発動します。
ASは何回でも発動できるので、積極的に活用していきたいものです。
なお、ASの内容は精霊によって異なります。
攻撃力UPや、回復など様々なので、上手に使っていきましょう。

●スペシャルスキルとは
通称「SS」は、クイズの正解数によって発動する特別スキルです。
全体への大ダメージや、大幅回復、または力尽きた精霊の蘇生など、こちらも様々。
1回使ってしまうと、また規定の正解数を重ねるまで再使用出来ないので、
SSは使うタイミングに注意が必要!
さっさと使ってしまって、ボス戦の頃に2回目の発動が来るようにするのでも良いですし、
1回目の発動をボス戦まで引っ張るというのもアリです。
道中の敵(ボス戦前のバトルのモンスター)は楽勝だけど、ボスだけ苦戦しそうという時には、
1回目の発動を引っ張る方が良いでしょう。
だいたいのSSは5問~10問正解で発動するので、時間がかかります。
道中で苦戦して、貴重な回復役が死んでしまうくらいならさっさと使ってしまって問題ないです。
バランスとタイミングを考えつつやっていきましょう。


次のページ⇒クイズについて

【魔法使いと黒猫のウィズ】クイズについて

黒ウィズはクイズRPGという名前の通り、メイン要素が「クイズ」と「RPG」の二つになっています。
つまりクイズの戦い方を分かっていないと、その時点で黒ウィズ攻略の半分が出来ていないことになるわけです。


黒ウィズの戦い方

基本の遊び方はすでに紹介しているので、ここではさらにもう一歩踏み込んで紹介していくにゃ!
にゃ…?
「にゃははは!暇だから乗っ取りに来たのにゃ!
キミみたいな新人が教える側に回ろうとは、偉くなったモンだにゃ?」

――なんか、ウィズさん、ちょっとキャラ違いませんか?
「あくまでこのサイト仕様の私だから細かいことは気にしなくていいのにゃ。
さ、モンスターとの戦い方、このウィズさんが教えてやるからしっかりついてくるにゃ。
まずは、クイズにはそれぞれ属性があることはもう勉強したにゃ?
さらに、属性が1つだけか2つ以上かで問題の難易度が変わることもきちんと把握しておくにゃ」
・単色問題:正当率80~99%のカンタン問題
・2色問題:正当率40~70%のジャンルによってはやたら難しい問題
・3色問題:正当率10%~30%の分かる人にしか絶対分からない難問
「と、なっているにゃ。
では、ここでチェックポイントにゃ!」
各問題の割合は決められている。単色問題ばかり狙っていると後で困るぞ!
割合は公開されていないが、1回のクエストにつき単色問題は何個、2色問題は何個…という風に数が決められているようだ。
ちょっと分かりにくいので図解してみた。
まず押さえておきたいのは、クイズの問題は30問1セットになっているということ。
クエストに出ると、まず1セット(30問)が、サーバーから1次的にダウンロードされる。
(なので、クエスト開始から30問消化するまでの間は、スマホの電波が入っていなくてもプレイできる。
31問目&クリア画面後は電波が届かないとエラーになるので注意)。
で、問題がストックされた状態を図解するとこうなる。

ゲーム画面に出てくるクイズは単色・2色・3色のそれぞれのストックからランダムで選ばれる。
この場合は、画面に単色しかないので、必然的に単色問題に答えることになる。
すると次にはこうなる。

単色問題を1個使ったので、ストックから1個補充し、
さらに他の問題のストックとシャッフルして、ランダムで1つゲーム画面に追加される。
ではこのパターンをずっと繰り返しているとどうなるかというと、こうなる。

図の通り、何回答えてもずっと2色・3色の問題しか出てこないという鬼畜モードに突入してしまうわけだ。
ちなみに同じ単色問題でも赤は何個、青は何個という風に決まっているので、
ずっと黄色の単色だけ答えていると、赤のみ・青のみばかりが出てくるという鬼仕様になってしまう。
上記の状態は31問目まで続くのでかなりキツいし、回復・蘇生キャラが先に力尽きた時はかなり絶望的だ。


正解しても攻撃出来ない辛さを味わわないために

モンスターの攻撃ターンまで余裕がある時などは、あえて特攻属性以外の問題を選んで後半有利に進められるようにするべし!
例えば、火属性のモンスターと戦っていて、もう水属性でも雷属性でも何でもあと1回攻撃すれば倒せる、というような状況で、
モンスターが攻撃してくるまであと4ターンある。こんな場面では、「火属性だから水属性の精霊ね!」と教科書通りの戦い方をすると、
後半辛い思いをする可能性がある。
特に、ストーリーが進めば進むほどに1回のクエストのバトル回数が増えるので危険だ。
どの属性でも倒せるのであれば、ボス戦と関係のない属性の問題を消化してしまうか、
もしくは3色問題を選んで、次回同じ問題に出くわした時のための予習をしておくなど、
有効的かつ有利的な方法を取ろう。
ただし、複色問題の消化は、出来ればまとめてやってしまおう。
連続正解数によって攻撃値がアップするので、それが途切れてしまうとボス戦がまた辛くなってしまう。
ボス戦直前などは避け、緒戦で「お、これはチャンス!」という時だけにするのがベターだ。

「うん、完璧にゃ。さすが私の弟子にゃね。
もう私から言うことは何もないにゃ。じゃ、また暇な時に遊びに来るにゃー」
――ほとんど説明させられたような気がする…。


さらに1日1回限定の黒ウィズクイズも2014年2月中旬から再開された。
こちらは画像を見て答える、通常クイズとは異なる「ボーナスクイズ」だ。
1回正解するごとに報酬がもらえ、さらに累積正解数ごとに別途豪華報酬も貰える、まさに大盤振る舞いだ。
2014年2月現在、期間限定ではなくずっと展開されることになっている。
ちなみに黒ウィズクイズは時間制限がないので、問題が分からなければ一旦バックグラウンドに移行させてから調べることも可能なので、
焦らず着実に正解数を累積させていこう。


次のページ⇒クリスタルについて

【魔法使いと黒猫のウィズ】クリスタルについて

黒ウィズに限らず、基本無料のアイテム課金型のゲームは、何かしら課金して購入できるアイテムが存在している。
黒ウィズにおいては「クリスタル」がそれにあたる。
TOPページでも書いているが、とにかく、とにかく、とにかく、足りない。


黒ウィズ内におけるクリスタルとは

管理人が今までやったことがあったアイテム課金型ゲームでは、ここまで課金要素アイテムが足りなくなることはなかった。
ポ●パンなど、ぬるい課金ゲームばかりやっていたのだなと実感した。
パズ●ラ厨の友達から言わせれば「黒ウィズの方がまだ多少優しい」というのだ。
何と恐ろしい世界ニャのか。
――にゃ?
「何、他のゲームの名前出しまくってるにゃ!このサイトの世界観が狂うにゃろ!
キミは私の弟子という設定で出てきてるんにゃから、月給手取り1○万円の貧乏フリーターで、異性と話が出来るのはゲームの中ぐらいの寂しいヤツとして出たらダメにゃ!」
――このサイトに世界観もクソもないのではと思うのですが…。そして月給とか関係ないじゃないですか。
「世界観や設定を守ることは大事なことにゃよ。ついでに、クリスタルの話をするにあたって、自分の経済状況をきちんと把握しとくことは大事だと思ったから教えてやったにゃ。
じゃ、用は済んだから帰るにゃ。後はしっかり説明してあげるにゃよ」
――自由気ままな猫になったからと言って自由過ぎるのではと思うが、ウィズさんの姿はもうどこにもなかった。


気を取り直して

さて、気を取り直してクリスタルの役割について説明していこう。

・黒ウィズ内でのクリスタルの役割その1:スタミナを全回復
クエストやトーナメントに出るのに必要なスタミナを全回復してくれる。
・その2:コンティニュー
クエストに出て、手持ちの精霊が全員力尽きてしまうとゲームオーバーとなる。しかしクリスタル1個でコンティニュー出来て、さらに全員の精霊がスペシャルスキル発動状態で復活する。レアカードがドロップしている時などは助かる。
・その3:カードボックスの拡張
精霊や進化素材を収納しておくカードボックス。初期段階では30枚までしか取っておくことが出来ない。使い物になる精霊を置いておくだけなら30枚でも十分だが、進化素材もとなると全く足りない。だが、拡張するにはクリスタルを使うしかない。レベルアップと共に増えるなんてことはない。
ちなみにカードボックスの上限に関する小技はこのページで紹介している。
・その4:クリスタルガチャ
黒ウィズで強い精霊を手に入れるにはガチャが一番手っ取り早い。それ以外説明のしようがない。ちなみに1回5個を消費する。

このように、とにかく色んな場面で消費させられる。
なのに、クリスタルを増やす機会は極端に少ない。

・1ステージクリア報酬(=4クエストクリアで1個)
・1エリアクリア報酬(1エリアだいたい8~15ステージある)
・ログインプレゼント
・精霊図鑑の収集報酬
・黒ウィズ運営側で何か不手際があった時のお詫び

下の2つは恒常的に稼げるものではないので、上3つだけに限ると、クリスタル5個稼ぐのに2~3日かかる。その2~3日の間に、ゲームオーバーになったり、カードがすぐにいっぱいになったりして、消費したくなる場面ばかりに出くわす。
クリスタルガチャ1回を回すのに3~4日がかり。下手したら1週間がかりになるかもしれない。


課金は1回やると癖になる

管理人が意地でも現金課金だけはしないのは1回やったら絶対2回目もするのが目に見えているからだ。
「コンシューマーゲームだって何万円もかけて本体買って、何千円もかけてソフトを買うじゃないか。それを考えれば数千円くらい安いじゃないか」
いわゆる課金厨という人たちの常套句がこれ。
確かにその通りかもしれないが、コンシューマーゲームと違うところは「1回払ったら終わりじゃない」というところだ。突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めてしまうから恐ろしいのだ。
現金だけは使わないなどの足かせを付けるぐらいでちょうど良いのだと言い聞かせよう。


次のページ⇒フレンド・助っ人について

【魔法使いと黒猫のウィズ】フレンド・助っ人について

黒ウィズを始めた人が地味に困惑するポイント1位である「フレンドって何?」。
普通のこういったゲームではフレンドになった人とは、何かしらの協力体制やら交流やらを持つものだが、黒ウィズではあまりそういった要素はない。


黒ウィズというゲームの素晴らしさが詰まっている

しかし、実はこれが黒ウィズの素晴らしいところだ。
管理人のようにゲームでまで人と交流したくないと思ってしまうタイプは、GR●Eやモバ●ーのようにゲーム半分、交流半分といった立ち位置のソシャゲは苦痛なだけだ。
ゲームなのだから現実世界の人間の匂いなど少ないに越したことはないのだ。
さらには、ネットの世界にありがちな「ネットで出会って、ネットで喧嘩して、ネット上で気まずくなる」というパターン。
しかし、黒ウィズなら招待してくれた友達と自動的にフレンドになるなんて余計な機能はついていない。もちろんフレンドになっても構わないが、なったところで特に交流はないし、時間を合わせて一緒にバトルに出るなんてこともしなくていい。
楽だ。実に楽だ。


フレンド登録するとスタミナが上がる

では何で皆がフレンド登録するのかと言えば、スタミナが上がるから。
何でフレンド検索機能がついているのかと言えば、少しでも強い人とフレンドになりたいから。
強い人とフレンドになると何が良いかと言えば、「助っ人」として来てくれる時に頼もしいことこの上ないから。
フレンド登録したところで相手方には「●●さんがフレンド登録しました」なんてお知らせさえ行かない。フォロー返しなんて面倒なことしなくても何も問題ないのだ。
黒ウィズほど、どこまでも明確な実利に基づいてフレンド登録するゲームは初めて見た。


助っ人機能について

助っ人機能とは、クエストに出た時に手持ちの精霊が力尽きた時に、フレンドの中から1人だけが助けに来てくれるというシステムだ。
だから少しでも強い精霊を使っているフレンドを探し出すことが黒ウィズ攻略の初歩ともいえる
フレンド検索の際には、「おすすめ」で検索すると、自分とそこそこ近いレベルの人ばかりが出てくるので、「名前検索」が一番良い。

上:管理人のサブ垢(レベル47)でおすすめ検索をしてみた画面。だいたい40前後のユーザーが出てくる。
下:適当な名前を入れて「名前検索」した結果。LV100越えのユーザーが出てきた。同じカードを持っていてもMAXまで強化してあることが多い。
いつも助けられています。

名前は適当なものを入れて検索すればOK。2000万人もDLしたのだから誰かしらは引っかかる。
名前検索だとLV100を超えているような人も引っかかるので助っ人としてはこの上なく頼もしい。
(黒ウィズでは本人のレベルより、精霊の強さの方が最優先されるが、平均的には本人のレベルと持っている精霊の強さは比例する)
フォロワーの選択に関して

なお、自分がフォローした人にフォロー返ししてもらって「相互フォロー」の状態になると、
助っ人に来てもらった時にSSが発動している状態で来てくれるようになる
LV100越えしている人になると色んな人からフォローされていて、フォローバックして貰える確率はガクンと減る。
ここは戦略として意見が分かれるところ。正解はないので好きな方の戦略を選んで良い。
・レベルはそこそこ&精霊の強さもそこそこだけど、SSが良い人と相互フォローしてSS発動状態で助っ人に来てもらう。
⇒助っ人に来てもらう時はピンチの時なので、蘇生スキルや全体回復スキルなどを持っている人が来て、
SSでピンチ脱出させてもらう戦略。
・LV100前後で超強い精霊(進化MAX)を持っている人に来てもらう。
⇒基本攻撃力が高いのでピンチ脱出後も活躍してもらう戦略。

助っ人機能を有効活用しよう

ボスが水属性で、道中のモンスターも水属性か雷属性という時には「雷属性精霊5人」の編成がオススメだが
、強い雷属性精霊を持っていなくて4人までしかいないという時には、あえて火属性の弱い精霊を1人組み込んで、
さっさと力尽きるように仕向けておき、助っ人には雷属性のS精霊を呼んでおくという戦い方もある。
それぐらい助っ人の使い方が攻略に関わってくるということだ。

ちなみにフォローリストで「応援する」「一括応援」というボタンがあるが、メイトガチャに必要なメイトポイントを貰えるだけで、相手に「応援されました」なんて通知は行かなから気にしないで応援しまくって大丈夫だ。

一括応援ボタン(赤枠)を押すと1ページ目に表示されている人全員に応援出来る。フォローしている人が10人以上いる以上は2ページ目~に移動しないと全員には応援できないので注意。
個別応援ボタン(黄色枠)を押して個別に応援していっても、一括応援でも貰えるメイトポイントには変わりないので、個別ボタンの存在意義がまだちょっと見いだせていない。
なんにせよ、メイトガチャはたまに良い進化素材がもらえるだけで、基本的には雑魚モンスターが出るだけなので必死になる必要はない。
さらに余談だが、誰かから応援されると5メイトポイント増える(メイトガチャが1回200ポイント)。消費税以下のささやかさなので、増えたことすら100%気づかないだろう。


「どんだけ友達がいないのかにゃ…。」
――うるさい。


次のページ⇒よくある質問

【魔法使いと黒猫のウィズ】よくある質問

黒ウィズ攻略にまつわる「よくある質問」を紹介しています。もちろん攻略に限らずゲームの基本的な内容も扱っています。
ここからはウィズさんにお願いします。
「よく来たにゃ!ずっと私のターンにゃ!さあ、何でも聞くにゃ。まずは初歩編から行くにゃよ!」


初歩編
中級編
上級編


黒ウィズQ&A初歩編

Q:カードもらったのにいっぱいだからもらえないって言われる。どうしたらいい?
A:「捨てるにゃ。じゃなきゃカードBOXを拡張するにゃ」


Q:黒ウィズの魔力ってどれぐらいで回復するの?
A:「五分で1魔力にゃ」


Q:精霊の「C」とか「A+」って精霊のランクのこと?レア度?
A:「そこは黒ウィズをやる上で触れちゃいけないところにゃ」
運営さん「AレアSレア精霊ともにガチャで出ますよ!」
運営さん「Sランク精霊についての注意」
「という感じで、運営さんたちの中でも設定がブレて…いや、見解の統一がまだされていないようなのにゃ」


Q:あとどれくらいでレベル上がる?
A:「画面左上のレベル表示の周りの紫色のゲージを見るにゃ。もしくはMENUからステータス見るにゃ」
「ここのことにゃね」


Q:黒ウィズの運営から何かお詫びですってクリスタル貰ったけど?
A:「通称<詫び石>ってやつにゃね。黒ウィズ運営さん側に何かあったのねー、と思ってありがたく貰っとくにゃ」


Q:何かいきなり『タイトルに戻ります、今までに得たゴールドや精霊カードはもらえなくなります』みたいなウィンドウって出てきたけど、コレはバグか何か?
A:「画面のどこかを長押しすると出てくるにゃ。バグでも何でもないので安心して<いいえ>を押すにゃ」


Q:エリア選択画面の右下にある落とし穴みたいなのは何?

A:「<サイオーン>というその内行けるようになるエリアにゃ。黙ってクエスト進めるにゃ」


Q:進化素材揃ったのに進化できない!
A:「黒ウィズの進化素材は絵がそっくりにゃよ。Bが必要なのにB+とか、A+が必要なのにAがあるとか黒ウィズあるあるにゃ。
あとは進化させたい元の精霊のレベルがMAXじゃにゃい、ゴールドが足りないのどれかの可能性もあるにゃ」


Q:「何か急にクエストに出れなくなったんだけど何?」
A:「精霊を進化させてコストが上がっちゃったんじゃにゃいかにゃ。デッキ編成し直さないとダメにゃよ」


Q&A中級編

Q:「●●って精霊は進化させると良い?つおい?」
A:「データベースで勝手に調べろにゃ。後はAS、SS、コスト、見た目のバランスと、手持ち精霊との相性にゃ。自分で判断するしかないにゃね」


Q:「トーナメントで成績悪いとポイントが減るようになったんだけど何で?」
A:「2段以降は成績が悪いと減点されるにゃ。3段と4段の間で行ったり来たりしている人も多いにゃ」


Q:「曜日ダンジョンとかでS1体、A2体みたいな時、Sから倒して欲しいのにAから行くのは何?馬鹿なの?黒ウィズの精霊さんたちは馬鹿なの?」
A:「ちゃんとターゲット指定しないからいけないのにゃ。精霊を倒したい敵のところまでスライドさせると出来るにゃよ。
精霊さんたちは皆が皆誰かの嫁にゃから(一部除く)、馬鹿呼ばわりするとスマホの画面割られるにゃよ」

「こうして、こうにゃ!」

「どの精霊がどの敵を狙っているかは光の線みたいなので分かるにゃよ。これで分からなきゃ諦めろにゃ」


Q:「何回も同じ問題が出るんだけど?」
A:「ラッキーにゃ。良かったにゃ。ドヤ顔で答えてやれにゃ」


Q:「SS発動していない状態で来る助っ人と、発動して来る助っ人がいるけど違いは?」
A:「相互フォローしているかどうかの違いにゃ。助っ人に関してはここを見るといいにゃよ」


Q:「黒ウィズって問題のジャンル偏ってない?何でこんなスポーツばっか出るんだよ!」
A:「もしかして:曜日ダンジョン」
「月曜に踊る者などの曜日限定ダンジョンは、問題ジャンルの傾向が偏って作られているにゃよ」

月曜に踊る者 雑学&文系
火曜の彩花 雑学&芸能
水曜の静霊 雑学&理系
木曜の神樹 雑学&スポーツ
金曜の道化師 雑学&アニゲー

Q&A上級編

Q:「敵が特技使うようになったり、全体攻撃で400以上のダメージ与えてくるのに、
ドロップしても超弱いの納得がいかないんだけど。進化素材の雑魚とかの攻撃が400越えってどういうこと?」
A:「仕様にゃ。もしくは属性弱体化とか夢か幻なのにゃ」


Q:「木曜ダンジョンだけ魔力消費量多いのに、樹のSのドロップ率の低さ異常すぎない?」
A:「仕様にゃ。もしくは頑張れとしか言いようがないにゃ」
⇒2/26追記:魔力消費量が下方修正されました。森林伐採祭りにゃ!


Q:「曜日ダンジョン行くと、欲しいものだけ出ない気がしない?」
A:「偶然にゃ。もしくは黒ウィズ内の物欲センサーさんが高性能なのにゃ」


「なんか上級編の質問がほとんど愚痴だにゃ。何かもっと上級者らしい質問をするヤツは黒ウィズユーザーの中にはいないのかにゃ!」
――ザッ
「手応えのある者を求めるその姿勢、気に入った!
実は、私のところに来るトーナメント出場者たちから多くの質問を寄せられていてな。
少々私の手には負いかねるところもあるのだ。お主の力量ならきっと大丈夫だろう」
「バ、バロン?!嘘にゃ!お前、絶対遊びに行くだけにゃろ!残ってる仕事押し付けていく気にゃろ!」
「そんなことはない。確かに私はこれから久方ぶりの休暇をいただくが関係はない。では、これが質問内容だ。頼んだぞ」
「嘘つけにゃー!何、似合わないピンクオーラとか出してるにゃ!おーい!」
「行ってしまったにゃ…。自分で伏線張って自分で回収してしまったにゃ…。余計なこと口走るんじゃなかったにゃあ…。
仕方ないから答えてやるかにょ。ちょっとふてくされているのは仕様だと思って諦めてくれにゃ」
Q:通常時とトーナメント参加時のデッキ編成の違いを教えてください。
A:「黒ウィズ上級者らしい質問にゃね。通常クエストとトーナメントとでは敵の傾向が大きく異なるから編成も変えていくのは正解にゃ。
あと気を付けたいポイントとしてはASとSSにゃよ。
通常クエストで重宝する全体回復はトーナメントじゃ効果弱いにゃ。
パネル全属性化とか、蘇生とかも発動まで時間かかり過ぎるから使いにくいにゃね。
そもそもトーナメントに3色デッキで行くメリットにゃいし。
とにかく、トーナメントで大事なのは発動が早いことと攻撃力にゃよ
3ターンでパネル変換発動するSS持ちも、出来ることなら全属性で持って育てておきたいところにゃね。
ちなみに、閃き系スキルは雑魚スキルにもほどがあることで有名にゃけど、「見破る」(解答を教えてくれる)は案外重宝するにゃ。
ASとの組み合わせによっては編成に組み込んでいいと思うにゃ。
あとは、ASでいうなら弱点特攻は通常クエストでもトーナメントでも優秀にゃけど、
通常ではカス扱いの連続攻撃がトーナメントでは案外と重宝するにゃ。
まあ後は育成頑張ってガチャのヒキが良くなるように祈れにゃ。


最初のページ⇒基本の遊び方